今すぐお金を借りる

金利を安く借りるには?

お金を借りる、ローンを組む場合、やはり金利は後の負担の事を考え、より低い金融商品を選択する事が基本です。

 

主に審査の厳しい金融機関では、金利が低めで審査が柔軟な会社では金利が高めの傾向である事は既にみなさんもご存じだと思います。

 

 

この場合、借入の借入れを希望する方の属性等により審査の可否が分かれるので、審査の基準となるレベルや属性が高いという場合ならより金利の低い銀行ローンや政府の金融機関を利用する事により、金利は他金融業者と比較しても安く借りられます。

 

例えば金融公庫である政府の金融機関で300万円程度借入したとすると金利は、申込み者により金利は異なる事もあると思いますが、大体「3%前後」となります。

 

勿論最近の銀行系カードローンの大口融資が実現すれば、同じ限度額で同じ利率という事も考えられますが、初めての融資で限度額をいきなり最高額にするという事は銀行系のカードローンでは中々ないので、やはり政府の金融機関より若干限度額も下がり、利率もその分上がりますから、金利を考えて融資を受けるのなら政府の金融機関や銀行のローンを利用するのが妥当だと思います。

 

 

しかし、お金を借りたいと希望する場合は「どのぐらいの額を借りたいか?」という部分により利率が異なるので、50万円以内の限度額を希望するという借入の場合は、金利を安くするには、消費者金融の利用もお勧めできます。

 

なぜなら、消費者金融のローン商品には「無利息期間」を設けているローン商品もあるので、その会社のローンを利用する事により無利息での借入が実現します。

 

当然そうなると「金利○○%」という事も関係なくローンが利用出来るので、金利を安くお金を借入したいという方は、こうした無利息でローン商品を提供する会社を利用する事により利息の心配をせずお金を借りる事が出来るわけです。

 

 

ただし「30日間無利息」のノーローンの場合は初回利用のみの利用に限るもので、尚且つ1ヶ月間だけの無利息なのでその期間内に借入、返済する必要があります。

 

しかしローン商品の中には「1週間無利息&何度でも」というローンもありますので、これを利用すると1週間内で借入、返済する事により利息なしで借りる事が出来るのは勿論の事、翌月も再度利用の時は1週間利息なしで借りられますので、この商品を上手に活用できれば何度でも金利の心配なく、お金の借入が可能です。

 

ネットでお金を借りるならアコムやプロミスが早いですよ!

 

 

 

 

カードローンを利用する場合、やはり金利は非常に気になるところです。

 

利息が高いと当然返済の負担にもなりますから、お金を借りるにしても利息は低く借りるにこした事はありません。

 

 

お金を借りる利息は各金融会社により異なりますが、平均に50万円以内の限度額のキャッシングをする場合利息は15%〜18%となります。

 

また100万円ぐらいの限度額となる場合は、金利はおよそ15%というケースが多くなります。

 

 

こうして考えると利息はやはりいずれにしても高めなので、利息を考えてお金を借りる場合一番金融商品の中で金利が低く設定される銀行ローンの利用が適していると思います。

 

しかし銀行のローンは、やはり審査も厳しい傾向なので、審査が厳しいゆえにすべての方が審査に通るわけではないので、その辺を考えるとお金をどうしても借りたい場合は多少金利の高い金融商品でも利用する事になります。

 

ですが、借り方によっては無利息で金利がやや高い金融業者からも借入可能で、上手くすると永遠の金利を払わずにお金を借りられる方法もあるので、どうしても無利息でお金を借りたいという場合は「無利息期間」を設けている金融業者のカードローンを利用すると良いでしょう。

 

 

金融業者の中には「30日間無利息」の金融商品や「1週間無利息&何度でも」という金融商品を提供している会社があります。

 

既にみなさんもこうした商品をご存じだと思いますが「30日間無利息」の方は、30日間無利息でこの期間中に借入、返済を行うと利息がかからずに借りられますが、このパターンの商品は「初回1回限りの無利息利用」なので、その後借りる場合には利息がついてしまいます。

 

 

しかし「1週間無利息&何度でも」という場合は1週間以内に借入、返済を行うと当然、無利息でお金を借りた事になります。

 

更にこの商品の場合は翌月も同じく借入したとしても1週間内で借入、返済する事により無利息なので、こうした商品を利用する事により本当に「無利息でお金を何度でも借りる事ができる」のです。

続きを読む≫ 2013/01/07 17:32:07

お金を必要と思う時、蓄えがあれば困りませんが、だれでも備えがあるわけではないので、困りますよね。

 

では、正社員勤めではなく、バイトやパートで生活している人が、急にお金が必要になった時、どうすればよいか?

 

 

銀行等を含む金融業者のローン商品には、確かに年収○○万円以上と条件づけている商品もありますが、銀行系のカードローンや消費者金融のカードローン商品では、年収○○万円以上という条件ではなく「安定&継続」的な収入が条件となっている商品なので、アルバイトで生活をしている方等への融資も問題なく実行されます。

 

 

勿論無職の方の場合は、おカネを借りても収入がないわけですから、金融業者でも貸すことはありませんが、バイトやパートをする事により、毎月継続的に収入を得られるわけですから、融資を受ける事が問題なくできます。

 

ただし、こうした条件で尚且つ属性に何らかの問題のある場合は、審査も否決する可能性も考えられますが、属性にも信用性にも問題ない方でアルバイトをして生活をおくるという方の場合は、お金を借りる事もローンを組む事も確実にできます。

 

 

又最近は100万円以内の限度額を希望する場合は、収入証明等も必要ないので、収入が非常に少ないけど何とかお金を借りたいという場合は、少しだけ上乗せしてみる等も有効です。

 

 

本当は年収180万円だけど、審査に何とか通りたいので250万円にしたというケースもあり、この場合、収入証明の提出が100万円以内の限度額なら必要ないので、実際ちょとばかり上乗せして申込んだという方もおりますので、こうした方法は本来決していい事ではないですが、借りる方法としてこうした作戦で無事カードローンを利用できた方もおります。

 

 

いずれにしてもバイトやパートの方でも立派に働き、尚且つ収入を得ている事には違いありませんので、おカネを借りることは出来ますし、最近はどこでもバイトやパートの方のための金融商品が提供されていますので、バイトで生活しているけどお金を借りたいという場合は、審査の柔軟な銀行系カードローンもしくは消費者金融のバイト専門の金融商品の利用を検討してください。

 

審査が不安な方フクホーのキャッシングをお試しください。

続きを読む≫ 2013/01/07 17:31:07

学生といえども大学生ともなると色々と交際費がかさむものです。

 

また学生さん同士、旅行へ行きたいという場合もあるでしょう。

 

ではこうした「○○に使いたい」という学生さんのお金の要り用の場合はどうすればいいか?

 

今ではカードローンにも色々な商品があり、学生さんのためのカードもありますので、学生の方で尚且つ今お金を借りる場合や旅行などの計画があり、お金が必要という際には銀行系のカードローン等を検討してみましょう。

 

そもそもキャッシング商品というのは、すべての商品が20歳以上と決められています。

 

消費者金融も銀行系のカードローンもキャッシング商品の利用は、20歳以下の学生さんは否決かもしくは親権者の同意書が必要となります。

 

例えキャッシング機能を付けないカードを作成する場合でも親権者への確認は必ず行われますので、学生さんで尚且つお金が必要な時にカードを作りたいという場合は、親権者への事前に連絡しておく必要があります。

 

このように18歳以下の大学生のキャッシングは出来ないと思うべきですが、19歳で中にはキャッシング機能付きのカードを作成した方もいるので、すべてのケースが「×」というわけでなく、例えば「18歳学生+バイトをしている」等により借入限度額は最低ラインになりますが、借入する事も可能です。

 

当然20歳以上の学生さんの場合は、親権者への確認の必要もなく借入可能ですし、キャッシングも普通にできますが、この場合も借入する学生さんに収入がある事が必要なので、バイトをしている方はキャッシング出来るケースが多いですが、バイト等をしておらず親に頼る形で生活している場合は、20歳といえども借入するには親権者の同意書が必要になるケースもありますし審査が通らない場合もあります。

 

 

いずれにしても学生さんのためのキャッシング商品、即日カードローンが幾つかありますので、お金がどうしても必要という方は「学生専門のカードローン」の利用を検討してみる事がお勧めです。

 

ただ、やはり学生さんがお金を借りる場合にも信用度の有無(収入の有無)が問われるので、バイト等をしている学生さんが有利にお金を借りられる傾向である事は確かです。

 

 

続きを読む≫ 2013/01/07 17:30:07